« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月29日 (日)

勝ち点3拾っただけ【大宮アルディージャ対FC東京@駒場】

大宮0-1東京

 風邪をひいていたので、スタジアムに行く前にオレンジジュースを飲みました。川崎のサポーターじゃないですが、案外このゲン担ぎが効いたのかもしれません。

 相手のグダグダさに飲まれたような試合でした。開始早々に点を取ってそのまんま。大宮のチャンスも決定力の無さに助けられました。モニが怪我で引っ込んでしまったときはヒヤヒヤものでした。マスもまだ本調子ではなさそう。こういった試合で勝ち点3を拾ったことはラッキー以外の何物でもないです。いい意味でも悪い意味でも目立っていたのは憂太。よく走ってボールを追っていたものの、ゴール前でもたついてボールを奪われてカウンターの起点になってしまったのは頂けない。自分のイメージに固執しているのか、判断が鈍いのか、前者だったらもっとコミュニケーションをとる必要があると思います。ルーカスとはコミュニケーションはきちんととれているのだろうか・・・・。

 これで残留はほぼ確定。次はまた優勝を狙うフロンターレ。JFL時代からのライバルとして、先に行かれるのは癪なので、次回はなんとしても勝たないと。2006102801 2006102802 2006102803 2006102804

| | コメント (1) | トラックバック (0)

必修科目履修漏れ問題

 高校での必修科目履修漏れ問題がマスコミで取り上げられています。自分のとき(80年代後半)は、1年のときが現代社会、2年が日本史、世界史、地理から1科目選択、3年のときが政治経済が必修で、文系志望は2年で履修した社会の科目を引き続き履修するという形でした。自分は文系だったのですが、理系の生徒が多い地理を選択しました。「高校を卒業したら歴史なんて何の役にも立たないだろう」という考えで日本史、世界史を選択しませんでした。ですから、文系でありながら歴史の知識は義務教育程度で止まっています。大学受験のときは受験できる学校が限られてしまいましたが、「この大学にとって地理の出来る生徒は要らないのだろう」と思い、特に不利だとは思いませんでした。高校時代で学んだ地理の知識が、実際に仕事にも役立っていますし、受験という枠にとらわれずに科目を選択したのは正解だったと思います。

 大学受験のためかどうかはともかく、特定の科目を厚めにするのは個人的にはありなんじゃないかと思っています。自分みたいに義務教育程度の歴史の知識でもきちんと飯が食えているわけですから。必要最低限の知識は中学校で終わっているはずです。その上でまたなぜ普通科は中学校の延長のような「広く浅い」知識を得るようなカリキュラムなのか、そこから論議することが必要なのではないかと思います。「大学受験に必要かどうか」という近視眼的な考えで科目を履修するかどうか決めるのもどうかと思いますが、「普通科のカリキュラムの基準、科目の履修目的」というものを明確化する義務が文科省にはあるのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

ファイターズ日本一

ファイターズ優勝おめでとうございます(棒読み)

東京では十分な応援ができずに申し訳ありませんでした。

これからも北海道で頑張ってください。

試合中に泣くんじゃねぇ>SHINJO

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

入替戦・・・・

 母校日大が東洋大に2-15に負け、4勝9敗で最下位決定。2部1位の専修大との入替戦に回ることになりました・・・・。リーグ戦通じてのピッチャーの調子では、2部落ちもあるかも。何とか頑張ってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

采配のアヤ【FC東京対ガンバ大阪@味スタ】

東京3-2G大阪

 勝ちました。過程は大いに不満ですが、何とか勝ちました。選手交代がズバリと当たり、ベンチワークの勝利でした。播戸を引っ込めた時点で「もしかして・・・・」と思いましたが、ここまでやってくれるとは思いませんでした。今ちゃんのキーパーを振り切ってのシュート、規郎のスーパーミドル、ナオのトラップからのシュート、その前のプレーを含めて、「なんで今までできなかったんだよ、そのプレー・・・・」と思いました。最後のFKのシーンは、痺れました。野球で喩えると九回ツーアウト満塁フルカウント、ラグビーに喩えるとロスタイム自陣ゴール前の5メートルスクラム、アメフトに喩えると残り5秒での自陣エンドゾーン前1ヤードでの4thダウンといったところでしょうか。サッカーでこんなに痺れた場面はめったにお目にかかれません。「寝ていた子を起こした」ことになって欲しいのですが・・・・。2006102201 2006102202 2006102203 2006102204

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月19日 (木)

ガッツ来ないかな

 岩村さんがアメリカに行っちゃうようで。サードのポジションが空くので、道大「ガッツ」小笠原さんが来ないかなと。「小笠原観光大使」がいつまでも札幌に居ちゃおかしいでしょ。東京復帰は大歓迎しますが、東京ドーム復帰はスワローズファンとしてはなんとしても避けたいところ。東京ドーム復帰ぐらいだったら師匠落合監督の下でプレーしてもらいたい。

黙って指咥えて見てるんじゃねぇぞ>スワローズフロント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

ここ一番の男

 15日に神宮球場に行ったときに、真中選手のTシャツが発売開始と言うことだったので、買ってしまいました。これで今年買ったTシャツが5枚。スワローズ系のTシャツは「代打、オレ!」Tシャツに続いて2枚目です。表はベンチからバッターボックスに向かう真中選手の後姿、裏は背番号31で1が「ビールと枝豆」になっていてウィットが効いています。大学の同期なので入団時からずっと応援していたのですが、オリジナルグッズが出てファンとして非常に嬉しいです。2006101701 2006101702 2006101703 20061017042006101705

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

土橋さん、山部さん、お疲れ様でした【スワローズ対ジャイアンツ22回戦@神宮】

スワローズ2-0ジャイアンツ

 川島がいいピッチングをしてくれましたが、打線がなかなか点を取れず、「この状況で山部の引退試合?」と思いました。2アウト満塁で土橋に回ってきたときは、「最後の晴れ舞台じゃん」と期待したんですが・・・・。土橋さんは最後の打席でヒットを打って、山部さんは堀田を三振に取り、有終の美を飾りました。最後にピッチャー山部、キャッチャー古田のバッテリーとは、古田さんも粋なことを考えたものです。

 試合後のセレモニーは、山部さんと土橋さんでは対象的でした。山部さんはしっかりと前を見据えて挨拶をし、土橋さんは涙をこらえながら挨拶しました。両選手ともにスワローズが優勝を重ねた時期の主力選手だったので、当時ファンでなくても印象に残っており、寂しさを感じます。土橋選手、山部選手、お疲れ様でした。

マイフォトです

http://fromtyo01993.cocolog-nifty.com/photos/20061014/

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年10月13日 (金)

ヒルマン監督殿

 「北海道のファンは世界一」とのことですが、後楽園、東京ドーム、二軍の鎌ヶ谷と応援してきた方々の気持ちをこの一言で踏み躙ってくれました。「お役に立てず申し訳ございませんでした」としか言いようが無いです。同じ東京にジャイアンツ、スワローズとある中で、敢えてファイターズを応援してきたファン、東京のパリーグの灯が消える無念さを抑えて札幌へ送り出した東京のファンの気持ち、たった一年しか東京にいなかったあなたには解らないかと思います。東京にいた30年の価値よりも札幌での3年の価値のほうが重いということであれば仕方が無いです。ただ、一言言わせてもらえれば、

「今まで辿ってきた歴史や支えてきた人々を蔑ろにする人間は最低である」

リスペクトされるのはコユキさんだけですか?コユキさんだけは「間に合ってよかったねぇ」と労ってあげたいですが、もう東京ドームには来ないでください。お願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

ファイターズ、パリーグ優勝

 壮絶な投手戦でした。試合終了の瞬間、ガックリと肩を落とした斉藤投手と呆然として守備位置から動けなかった松中選手が印象的でした。ファイターズOBの落合監督率いるドラゴンズとの対戦、非常に楽しみです。個人的にはドラゴンズに頑張って優勝してもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラブワールドカップ

 今日チケットが届きました。5位6位決定戦と3位決定戦と決勝戦を観戦予定です。すべてのチームが見られる組み合わせです。アジア代表がどこのチームになるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月5日

 FC東京が参戦する天皇杯の日程が決まり、初戦が11月5日の味スタで相手はバンテオンセ神戸。関西リーグ所属のチームと言えど、Jリーグ出身の選手を擁するチームで侮れない相手になってしまいました。勝てば岡山、さらに勝てば熊本と西へ西へと転戦します。

 ここで一つ問題が生じてしまいました。11月5日は味スタの隣のアミノバイタルフィールドで大学アメフトリーグ戦があります。東京が試合をするのとほぼ同じ時刻に我が母校日本大学と宿敵法政大学の試合が組まれています。お互いこの試合に勝てば甲子園ボウル出場にかなり近づく試合で、こちらの試合も非常に気になります。日大にとって大事な試合、なんとしても勝たなければならない試合です。東京の応援か、母校の応援か、迷うところです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

なんだったんだ4回表【スワローズ対ドラゴンズ21回戦@神宮】

スワローズ1-10ドラゴンズ

 昼間の試合と同様、クリーンアップが打てるかどうがで勝敗が決まってしまいました。チャンスに打てないラミレスと打てたウッズ、これが3位と1位のチームの差だと思います。ツーアウト満塁でヒットを打って欲しかった・・・・。チャンスで4番が打てないのでは勝てません。点差がありましたが、5回以降はドラゴンズ打線を0点に抑えたので、後味が悪くなる思いをしないで済みました。「代打、オレ!!」も見られたし。

 当日の感想を箇条書きにて

  • 谷繁選手、1500本安打達成おめでとうございます
  • 福留選手の1塁側照明に当たる大ファールにはびっくり
  • バックネット裏のスコアボードの故障には気がつかなかった
  • ランナーがいる状況でヒットを打たない岩村選手に「(実際にはランナーがいる状況で)岩村ぁー、今ランナーいないから!!」の野次にスタンド爆笑
  • 代打で出て凡退した城石選手に「人生考えるなら早いほうがいいぞ!!」の野次にまたスタンドは爆笑
  • 川端選手、1軍初出場おめでとう
  • ウィンナーおじさんが今日もいなくて残念2006100913_1 2006100914_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外とあっさり決まりました【ライオンズ対ホークス@所沢】

ライオンズ1-6ホークス

 西口と寺原の投げ合いは見ごたえがありましたが、中継ぎと抑え投手の差、クリーンアップの差がそのまま出てしまいました。ライオンズは西口の後を次いだ星野、山岸がグダグダでストライクが入らず、試合を壊してくれました。一方ホークスは、”パナマ運河”ズレータ、松中、代打の稲嶺がここぞというときにタイムリーを放ち、中継ぎ、抑えの柳瀬、藤岡、馬原が完璧な仕事をしました。ホークスが9回表に5点リードした、ここまではまだ良しとしましょう。問題はその後、打線に関して伊東監督が全く動かない。9回の裏ノーアウト1・2塁のチャンスにも代打を出さない。「なんとしても勝とう」という執念がライオンズには見られなかったように思います。ライオンズと言えば、しつこさ、粘っこさが売りだったと思ったのですが、こんな淡白なチームになってしまい物足りなさを感じました。こんなチームは日本シリーズに出てはいけません。ホークスはいい勢いがついてファイターズと対戦するわけですが、この勢いを維持できれば優勝もあるかもしれません。  

マイフォトに掲載しています。

http://fromtyo01993.cocolog-nifty.com/photos/200610093/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

石川直宏インタビュー

 スワローズが神宮球場で配布しているフリーマガジン「Ondo」に、石川直宏選手のインタビューが掲載されています。FC東京と東京ヤクルトスワローズとのコラボ企画で、古田プレイングマネージャーのインタビューが東京のマッチデープログラムに掲載されたのを受けてのものです。まだ神宮球場のスワローズ戦が残っているので、ご覧になりたい方は神宮球場にお越しください。

ってよぉ、東京のオフィシャルに掲載されていないのはどういうことだ?新しい「Ondo」がラックにあったので手にとって見たら「石川直宏インタビュー」なんて書いてあって驚いたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 8日 (日)

明日は野球の日

 明日は久しぶりに野球観戦のハシゴをする予定です。昼は所沢でライオンズ対ホークス、夜は神宮でスワローズ対ドラゴンズの試合を観戦します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今シーズン初冠雪

 友人の車に同乗して名古屋に行ったのですが、帰りのサービスエリアから見えた富士山です。今シーズン初冠雪とのことです。2006100801 2006100803_1

 そこのサービスエリアで「さくらえび天定食」を頂いたのですが、「さくらえびってこういう味だったのか」と思わせるほどおいしかったです。2006100802 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾張で終わり【名古屋グランパスエイト対FC東京@瑞穂陸上】

名古屋1-2東京

 とにかく風が強くて、風のいたずらがあるんじゃないかと不安でしたが、何とか勝ちました。風上からのスタートだったので、「前半に得点できなければ勝てないな」と思っていました。「何が何でも前半に得点してくれ」と思いました。平山の初ゴールが出ましたが、「このままでは終わらない」と思い、「もう一点取れないかな」と思いつつ前半終了。後半に杉本のゴールを許して3年前の瑞穂での悪夢(後半10分まで2-0とリードしたにも関わらず、2-4で逆転負け)が頭をよぎりましたが、平山が潰れ役になってナオのゴール。理想的な得点の展開でした。それでもまだ何かあるんじゃないかと不安で、試合終了の笛が鳴ったときは嬉しさというよりも疲れがどっと出ました。瑞穂での初勝利と連敗ストップ。こういうことがあるから東京はやめられません。3年前の逆転負けがとにかく悔しく、一昨日去年と名古屋には行かれなかったので、「こうなったら連敗ストップをなんとしても生で見てやる」との思いで名古屋まで足を運びました。行って良かったです。2006100703 2006100706

 試合前に、名古屋駅前の地下街でみそ煮込みうどんを食べました。 11時ごろにお店に入ったのですが、店を出るころには長蛇の列。「いい時間帯」にお店に入りました。「名古屋コーチン入り味噌煮込みうどん」を頂いたのですが、とてもおいしかったです。ご飯と漬物のおかわり自由もポイントが高かったです。2006100701

 試合後は、ホルモン焼きのお店に行ったのですが、ダッカルビの八丁味噌ヴァージョンみたいな感じで、とてもおいしかったです。お店のおかみさんが瑞穂の試合に行っていたとのことで、東京の選手を「よく走る」とほめていただき、「応援が元気がいい」と「東京ラブソティ」の選曲を褒めていました。お店で見たテレビで、ちょうど「東京ラブソティ」が流れており、東京の勝ちを祝ってくれているようで嬉しかったです。このお店は、これから名古屋に行った際にはずっと利用したいと思います。2006100708

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

いい加減疲れました

 この歳にもなって、仕事以外の時間を趣味だけで埋めなければならない自分が情けなく思います。悔しくて泣きたい気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »