« 天皇杯決勝 | トップページ | 遠くへ行きたい »

2006年11月26日 (日)

ただ胴上げを持ち越しただけ【FC東京対浦和レッズ@味スタ】

東京0-0浦和

 ゴール前で決められない東京と優勝のプレッシャーでガチガチの浦和、で、結果はドロー。「ホーム胴上げ阻止」と「文さん最後の試合」で選手の気迫は伝わったものの、点が取れなければ意味がありません。山岸のナイスセーブもありました。こちらが上から見ているせいかもしれませんが、東京の選手のゴール前での判断が遅い。で、相手が戻ってしまってシュートコースが塞がれるというパターン。サイドからのクロスに拘らず、角度が無いところからもシュートを打って欲しかったです。引き分けに持ちこまなければならない試合ではなかったと思います。

 先発GKは塩田。土肥ちゃんの連続試合出場が途絶えました。ここ数試合は調子が良いとは言えない状況だったので、塩田への先発も止む無しかと思います。東京がJ1に昇格してから7年間ほとんど休まず(休んだのは00年の川崎戦@国立で後半40分に堀池に交代)ずっとリーグ戦でゴールを守ってきたわけですから、世代交代の波が来たのかなと思いました。当の塩田は安定した守備で土肥ちゃんの後継者として来年は期待できそうです。

 ホーム最終戦ということで、ファンクラブテントで選手がお手伝い。小澤がユニフォームプレゼントの申し込み場所にいたので、「来年は頑張れ」と激励しました。なかなか感じの良い青年でした。

 試合が終わって倉又監督と引退する文さんの挨拶。監督の「挑発」はもう少しひねりが欲しかったところですが、そこが原さんとの違いでしょう。

 文さんの引退挨拶。「東京で引退を迎えられたのが幸せだ」の一言は、サポーター冥利に尽きました。天皇杯優勝で引退させてあげたいです。 文さんのセレモニーで文丈コールを送ったレッズのサポーターには感謝です。2006112604_1 2006112607_1 2006112608_1 2006112609_1 2006112611_1 2006112612_1

|

« 天皇杯決勝 | トップページ | 遠くへ行きたい »

FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189525/12832426

この記事へのトラックバック一覧です: ただ胴上げを持ち越しただけ【FC東京対浦和レッズ@味スタ】:

« 天皇杯決勝 | トップページ | 遠くへ行きたい »