« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月26日 (日)

ただ胴上げを持ち越しただけ【FC東京対浦和レッズ@味スタ】

東京0-0浦和

 ゴール前で決められない東京と優勝のプレッシャーでガチガチの浦和、で、結果はドロー。「ホーム胴上げ阻止」と「文さん最後の試合」で選手の気迫は伝わったものの、点が取れなければ意味がありません。山岸のナイスセーブもありました。こちらが上から見ているせいかもしれませんが、東京の選手のゴール前での判断が遅い。で、相手が戻ってしまってシュートコースが塞がれるというパターン。サイドからのクロスに拘らず、角度が無いところからもシュートを打って欲しかったです。引き分けに持ちこまなければならない試合ではなかったと思います。

 先発GKは塩田。土肥ちゃんの連続試合出場が途絶えました。ここ数試合は調子が良いとは言えない状況だったので、塩田への先発も止む無しかと思います。東京がJ1に昇格してから7年間ほとんど休まず(休んだのは00年の川崎戦@国立で後半40分に堀池に交代)ずっとリーグ戦でゴールを守ってきたわけですから、世代交代の波が来たのかなと思いました。当の塩田は安定した守備で土肥ちゃんの後継者として来年は期待できそうです。

 ホーム最終戦ということで、ファンクラブテントで選手がお手伝い。小澤がユニフォームプレゼントの申し込み場所にいたので、「来年は頑張れ」と激励しました。なかなか感じの良い青年でした。

 試合が終わって倉又監督と引退する文さんの挨拶。監督の「挑発」はもう少しひねりが欲しかったところですが、そこが原さんとの違いでしょう。

 文さんの引退挨拶。「東京で引退を迎えられたのが幸せだ」の一言は、サポーター冥利に尽きました。天皇杯優勝で引退させてあげたいです。 文さんのセレモニーで文丈コールを送ったレッズのサポーターには感謝です。2006112604_1 2006112607_1 2006112608_1 2006112609_1 2006112611_1 2006112612_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

天皇杯決勝

 天皇杯決勝のチケットを予約しました。毎年、カードに関わらず決勝は観戦しているわけですが、どこのチームが出てきても良いように自由席のチケットを購入し観戦しています。例年ホームとアウェーの区別が無かったのですが、今年からは自由席もホームとアウェーに分かれてしまいました。移動できるところが制限されるのはマッタリ観戦派にとっては非常に困る・・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

文さん引退

三浦文丈選手、現役引退のおしらせ

 93年のプロデビューなので、言ってみれば同期でした。東京を応援する前はマリノスの試合を重点的に見ていたので、文さんが東京に来たときは嬉しかったものです。チーム自体も選手層も若い東京の中にあって精神的な支柱でした。ファンサービスもニコニコと笑顔で「いつも応援ありがとうございますぅ~」と丁重に対応してくれました。プロ選手の鑑でした。2年前の交歓会で同じテーブルになったとき、「フロントから断られない限りずっと東京にいますよ」と言っていたことが印象に残っています。勝った試合の後に胸のエンブレムを拳で叩いてサポーターの声援に応える姿には感動させてもらいました。300試合出場まであと5試合、2002年の大怪我が悔やまれます。

 東京で引退セレモニーが出来る選手は、実は初めてだったりします。ぜひ勝って(ガンバにも勝ってもらって)きちんとセレモニーを行いたいものですが、やっぱり、今度こそ元旦の国立を花道にしたいものです。正直、レッズ戦は観戦をやめようかと思っていましたが、行かないわけにはいかなくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

ガッツ、ジャイアンツへ

1番 セカンド 小坂(元ロッテ)
2番 レフト 小関(元西武)
3番 ライト 谷(元オリックス)
4番 ファースト イ スンヨプ(元ロッテ)
5番 サード 小笠原(元日ハム)
6番 センター 木村拓(元広島)
7番 ショート 古城(元日ハム)
8番 キャッチャー 實松(元日ハム)
9番 ピッチャー 先発 工藤(元ダイエー) 中継ぎ 前田(元中日) 抑え 豊田(元西武)

これぐらいやって欲しいですな。小久保が出たぐらいどうってことない。(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何がやりたかったんだか【FC東京対横浜Fマリノス@味スタ】

東京1-2横浜

 ただ試合を消化しただけ。降格が無くなって、どのような意義を持って試合に臨んでいるのか解らない試合でした。賞金を狙うつもりだったのでしょうか。それとも、来期に向けた試合だったのでしょうか。自分の目には両方違うように映りました。選手は良く頑張ったと思いましたが(失点は戴けませんが)、選手起用、采配には疑問が残りました。唯一の収穫が、主審が昨年に比べてジャッジが上達していたということでしょうか。2006112301 今シーズンのリーグ戦観戦はこれで終了。天皇杯@岡山は見に行けないので、何としても勝って貰いたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

プレミアリーグを目指すFC東京

 国内バレーボールの話です。

 Vリーグが今シーズンから名前を変えて「プレミアリーグ」にするそうで。それに伴ってV1リーグ(下部リーグ)も「チャレンジリーグ」に名前を変えるそうで。FC東京バレーボール部は現在V1(チャレンジリーグ)なので、今シーズンはプレミアリーグをめざすことになります。名前見ただけではサッカーと間違えられそうです。個人的にはシンプルに「トップリーグ」で良いんじゃないかと思います。ラグビーとかぶりますが。アマチュアリーグなのに「プレミア」はなんかしっくり来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

しばらくそのままおまちください

しばらくおまちください

フジテレビ、11時ちょうどに発信音とカラーバーの画像が出て、その後にこの画像。ひさしぶりに見ました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

閉店間際残り15分のタイムサービス【FC東京対川崎フロンターレ@味スタ】

東京5x-4川崎

 まずは審判の話。名前を聞いた途端に「荒れるなこりゃ」と思ったら案の定。最初の失点に結びついたフリーキック、なんでアレがファールなんだか意味不明。ナオも、ユニフォーム引っ張られても足を引っ掛けられてもファールを取ってもらえず、それでもウチは審判に異議を唱えずにプレー続行。あの審判の名前を聞いたときに警戒しないと駄目で、それができなかった川崎の自滅でした。

 相手が1人減ろうが2人減ろうが勝てなかったのが今までの東京。それが終盤に一気に逆転できたのは大きいです。「人数が減れば有利になるのは当たり前」とおっしゃる方もいるでしょうが、「有利にできず逆に自滅する」のが今までの東京でしたから、ここは喜ばせてもらいたいものです。あとは、ベタ引きの状態で得点できるようになったのも収穫でした。

 それにしても、失点はお粗末。伊野波のヘディング空振り、フジの振り切られはなんとかならんものかと。これがなければもっと楽にできたのに。あと、同点のときに時間が無いにも関わらずスタンドまで行ってはしゃいだのも問題。勝ちにいける雰囲気なら勝ちにいかないと。勝ったからといって素直に喜べる試合ではなかったです。面白い試合ではありましたが。

 ともあれ、4年ぶりの3連勝。J1残留確定。3点差からの大逆転。ガンバ戦で自信をつけたのはいい傾向だと思います。

 思えば、川崎にとっては、ウチにいたずらされたのは3度目。最初は97年、当時東京ガスだったウチがJFLからJへの昇格枠(2位)に座ってしまい昇格を阻止、98年はウチが最終節で勝ってJFL優勝を阻止、で、今回の試合。川崎にとってはずっと憎まれ役になりそうです。2006111105 2006111101

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

どうなる?セギノール

 ファイターズのセギノール選手がアジアシリーズを前に来日が遅れているようで。理由は、パスポートの有効期間切れのまま離日してしまい、パナマでの再発給が遅れて来日できないとのこと。入管法では、有効なパスポートがないと入国できないと規定されています。(第三条)先のパスポートの有効期間切れ発覚事件では、滞在中に期限が切れてしまったものの在留資格の期間がまだ残っていたので事なきを得たのですが、再入国の際には有効なパスポートが必要になってくるので、入国ができなくなってしまいました。在留資格であれば招聘したファイターズが動く案件ですが、パスポートとなると、本人とパナマ政府との問題になってしまうのでどうにもなりません。果たしてセギノール選手はアジアシリーズに出場できるのか、試合とは別に注目したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の大収穫祭【天皇杯4回戦 FC東京対バンティオンセ神戸@味スタ】

東京7-0B神戸

 東京の公式戦初の7得点。神戸は引くことなく積極的に攻撃しましたが連携がうまくいかず、東京はうまくそこを突いて得点に結び付けました。技術的な差、体力的な差がはっきりとしていました。神戸の監督さんのコメントを読む限り、普段どおりのサッカーをしたようなので、自分達のレベルを図るという意味では、神戸にとっては意義のある試合だったのではと思います。こういったチームが地方のサッカーのレベルを上げて行き、ひいては日本サッカーのレベルアップに繋がるのではないかと思います。天皇杯と言えば、前身の東京ガスのときはそこそこ強かったのにプロになった途端にアマチュア相手に弱くなってしまい、正直1-0、あるいは0-1で負けるのではと思っていましたが、プロの貫禄を見せたので、行った甲斐がありました。2006110501 2006110502_1 2006110503 2006110504 2006110505

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

ビッグフレームス交歓会

 先週の日曜に、ビッグフレームス(FC東京の個人協賛会員)の交歓会に行ってきました。宴会形式の交歓会で、6度目の参加です。練習場に行かない自分にとっては、選手やクラブスタッフと話ができる機会なので、毎年参加しています。

 選手紹介の後、各選手がテーブルに分かれ、自分のテーブルにはモニが付きました。前日の怪我で椅子に座って参加者の応対をしていました。

 選手がテーブルに付いた後に社長、監督の挨拶、元金融担当大臣で参議院議員さんの毎年恒例の乾杯で宴が始まりました。その後テーブル対抗のゲームで選手と参加者の交流を深めました。この時間が毎年楽しみだったりします。

 ゲームが終わると選手との歓談。感想をば

 今ちゃん:相変わらず朴訥とした感じで、「浦和戦でもゴールを決めてください」とお願いしたところ、笑って「はい」と応対していました。

 平山:田舎の高校生。「スーパーサッカー見ました」と言うと、「はい」、「加藤さんの言うとおりなんだから頑張れ」と激励したら「はい」と、かなり緊張した様子でした。

 土肥ちゃん:「ワールドカップお疲れ様でした」と言うと、笑いながら「ありがとうございます」とさわやかに応対していました。年々応対に固さが取れているような感じ」でした。

 浄:「ブログ見てます」と言うと、「ありがとうございます」と驚いた様子で応対していました。

 戸田:「これからも前線でかき回してください」と言うと、「ありがとうございます」とニコニコしながら応対していました。

 正味1時間の歓談時間で、人気選手だとかなり待たされてしまうので、応対できる選手はかなり限られてしまいますが、激励するには丁度いい感じでした。

 常務専務さんとも東東京の営業についてお話することができました。いろいろと思案しているようではあります。

 会員自体が増えて、年々交歓会の規模も大きくなってきていますが、昔のようなアットホームな雰囲気が失われて見かけなくなった方もいます。協賛会員、ファンクラブ、年間チケット会員の交歓会を含めた特典の内容、会員の維持管理など、クラブは考え直す時期が来ているのではないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »