« ガッツ、ジャイアンツへ | トップページ | 天皇杯決勝 »

2006年11月24日 (金)

文さん引退

三浦文丈選手、現役引退のおしらせ

 93年のプロデビューなので、言ってみれば同期でした。東京を応援する前はマリノスの試合を重点的に見ていたので、文さんが東京に来たときは嬉しかったものです。チーム自体も選手層も若い東京の中にあって精神的な支柱でした。ファンサービスもニコニコと笑顔で「いつも応援ありがとうございますぅ~」と丁重に対応してくれました。プロ選手の鑑でした。2年前の交歓会で同じテーブルになったとき、「フロントから断られない限りずっと東京にいますよ」と言っていたことが印象に残っています。勝った試合の後に胸のエンブレムを拳で叩いてサポーターの声援に応える姿には感動させてもらいました。300試合出場まであと5試合、2002年の大怪我が悔やまれます。

 東京で引退セレモニーが出来る選手は、実は初めてだったりします。ぜひ勝って(ガンバにも勝ってもらって)きちんとセレモニーを行いたいものですが、やっぱり、今度こそ元旦の国立を花道にしたいものです。正直、レッズ戦は観戦をやめようかと思っていましたが、行かないわけにはいかなくなってしまいました。

|

« ガッツ、ジャイアンツへ | トップページ | 天皇杯決勝 »

FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189525/12807106

この記事へのトラックバック一覧です: 文さん引退:

« ガッツ、ジャイアンツへ | トップページ | 天皇杯決勝 »