« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月26日 (月)

あと1週間!!【練習試合 FC東京対ヴェルディ@味スタ】

東京1-1ヴェルディ

 前半は福西のワンマンショー、後半は「いつもの」東京の試合でした。福西のボールさばきでお腹いっぱいでした。最後にオチを付けてくれましたが。(苦笑)敵陣の中盤でボールを落ち着かせて攻撃をするという風景は初めて見たかも知れません。フジが攻め上がり、徳永、吉本のセンターバックが効いていました。そして、浄の復帰も大きかったです。モニと伊野波はどうなるのか、贅沢な悩みです。後半、福西に代えて浅利とした途端、中盤が下がってしまいヴェルディに攻め込まれる時間が多くなりました。その中にあって、赤嶺の果敢な攻めが印象的でした。結局、エヴァウドの同点ゴールで引き分け。新戦力が使える目処が立ったのが収穫でした。期待のワンさんは、何をしたいのか、他の選手は彼に何をさせたいのか、見えてきませんでした。試合を重ねるにつれて日本のサッカーに馴染んでくれればいいと思います。前線でのボールキープは捨てがたいです。

 あと5日で開幕なので、非常に楽しみです。 2007022503 2007022508 2007022511

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

FC東京写真展@東京都庁

 仕事の合間に、都庁に行ってきました。南展望室でFC東京写真展が開催されているので、見に行ってきました。展望室は外の景色を楽しむ観光客が多かったですが、平日の午後だったせいか、写真に興味を示す人は・・・でした。その中にあって、韓国からの親子連れのツアー客がFCソウル戦のパネルを見た途端に、その子供が熱心に写真や試合のビデオに興味を示していたり、ご年配の方の団体客がなぜか規郎とナオの写真をバックに記念写真を撮っていたり、試合のビデオを食い入るように見ていたビジネスマン風の外国人の方もいたりと、場所が場所だけに国際色豊かな写真展となりました。

 写真パネルの中に「サッカースクールのキャラバン隊」の紹介があったのですが、区内、市内はもちろん、伊豆七島や小笠原にまでキャラバン隊を派遣していたのには驚きました。都内なので当然といえば当然なのですが。

 府中や調布ばかりで写真展を開催されると23区の東京ファン、サポーターは行きづらいものがあるので、今後とも都庁での開催を続けていってもらいたいです。2007021601 2007021602_1 2007021603 2007021604

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

キャンペーンガール

税理士がのりピー

社会保険労務士が菊川玲さん

いや、別に、アグネスチャンさんがどうだってわけではないんですが・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月 9日 (金)

こういうときに限って

 春の青春18きっぷがJR発足20周年記念ということで、8000円に値下げするとのこと。(pdfファイルです)こういうときに限って適度な距離のアウェーの試合が磐田戦しかなく、しかもデーゲームだったら1日分1600円で済んだのに、なぜか春先にも関わらずナイトゲームだったりします。3/17、18の福島でのバレーボールの試合でも使えますが、なんか損した気分です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

大逆転!!【マイクロソフトカップ決勝 東芝対サントリー@秩父宮】

東芝14-13サントリー

 インジュリータイムでの大逆転でした。サントリーのインターセプトからのトライは見事でしたが、トライがこれだけだったというのが東芝とのディフェンスの差でした。後半、サントリーが風上を利用して2ゴールを挙げ、東芝のバツベイがシンビンで退場した段階で、サントリーの勝ちと思っていましたが、インジュリータイムに復帰したバツベイがトライがトライを挙げ、ゴールも決めて東芝が逆転しました。東芝は後半6点差で1トライ1ゴールを挙げる他なかったのですが、東芝のしつこいほどの中央突破が功を奏した形になりました。逆に、サントリーはなるべくタッチライン際での攻防に持ち込むべきだったのでしょうが、うまくいきませんでした。サントリーは前半4分のペナルティゴールを外したのが仇になってしまいました。

 東芝のラインアウト失敗がやたら目に付きました。これがなければもっと攻撃ができたのではないかと思います。東芝の自作自演だった試合でした。両チームのディフェンス陣が試合を締めていて拮抗した面白い試合でした。2007020407 2007020411 2007020418

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »