« 一旦解散 | トップページ | 形を作ろう【FC東京対横浜FC@味スタ】 »

2007年4月17日 (火)

多摩川クラシコ

 FC東京と川崎フロンターレの両クラブが、両者の対戦を「多摩川クラシコ」としてPRしていこうということです。両チームにはいろいろな因縁があるのですが、その因縁を知らない人は非常に損をしていると思います。JFLからのサポーターは浦和よりも、ヴェルディよりも、川崎フロンターレとの対戦が一番熱くなると思います。川崎にとっては、東京は厄介者以外の何者でもなかったのではないでしょうか。

・97年、上位2チームがJ昇格だったのが、東京(当時東京ガス)が2位に割り込んでしまい(1位は札幌)、勝ち点差1で3位だった川崎が昇格できず。

・98年 最終節前まで川崎が首位、勝ち点差2で東京が2位、川崎が最下位のソニー仙台に足元をすくわれ敗戦、東京が新潟を相手に勝利を納め、東京の逆転優勝。東京サポーターデビューのシーズンで、駒沢で優勝の瞬間に立ち会うことができました。

・06年 1-4からの大逆転、優勝争いしていた川崎に引導を渡しました。

 99年の東京対川崎の4試合は、白熱した好ゲームでした。その中で9月の西が丘での試合は、120分間緊張しっぱなしの試合でした。お互いに優勝のために負けられない試合でした。結局スコアレスでしたが、あの試合は8年前にも拘らず今でも鮮明に覚えています。

 東京はJリーグに入ってから等々力で勝っていません。唯一東京アウェーで勝った試合は国立での試合でした。等々力でJリーグ初勝利を挙げたいです。

|

« 一旦解散 | トップページ | 形を作ろう【FC東京対横浜FC@味スタ】 »

FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189525/14709473

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川クラシコ:

« 一旦解散 | トップページ | 形を作ろう【FC東京対横浜FC@味スタ】 »