« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月25日 (日)

来期は大丈夫か?【FC東京対大宮アルディージャ@味スタ】

東京1-2大宮

 どうも、大宮にはロスタイムでやられるケースが多い。過去10試合で東京が大宮に勝てなかった試合は、J2時代の延長Vゴール負け(次の仙台戦で勝たなければ自力昇格が無くなった)と一昨年の味スタでの引き分け(連敗脱出なるかという試合)と去年の味スタでの負け(小林大悟のFK)で、まさか今回もロスタイムでがっかりさせられるとは思いませんでした。

 憂太を引っ込めてから試合展開がおかしくなりました。変わりに入れる選手を生かさない交代には疑問を感じました。先週のガンバ戦に行けず、池上がどうだったか見たかったのですが、評判どおりいい働きをしていました。なぜもっと早く出せなかったのか。来期の収穫といえば収穫なのですが、優勝がかかっている相手と残留がかかっている相手にキチンと仕事ができたということは、普段の試合でも十分に使えたのではないかと。

 今シーズンは悔いの残るシーズンでした。一つのクラブを応援していく上でこういう時期もあるかと思います。来期の10周年記念ユニフォームに八咫烏のエンブレムをつけてもらいたいものです。

 ホーム最終戦ということで、ベンチ外の選手が接客をしていましたが、ファンクラブテントの土肥選手を見て切ない気持ちになりました。引退したら東京に戻ってきてもらいたいものです。

 これから、年間チケット会員のミーティングに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

なんとか決定【サッカー五輪予選日本対サウジアラビア@国立】

日本0-0サウジアラビア

 何とか五輪出場が決まりましたが、本番で苦労しそうです。守りきった試合でしたが、攻撃の組み立てが雑になってました。梶山不在は大きかったです。あとは、監督は流れを変えたくなくて動かなかったのでしょうか、それとも寒かったので動けなかったのでしょうか。方針を決めた上で動かなかったとすればGJだと思います。守り合いの試合で面白かったのですが、やはり、本選で上に行くには厳しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

仕方が無いのかな

 原監督の退任と土肥選手、福西選手の契約非継続が発表されました。

 原さんについては、悪い意味で「期待を裏切らなかった」と思っています。見ていて出涸らし感が漂っていました。上積みも勝つためのセオリーも何も無い、勢いだけの采配でした。人間的には「いいおじさん」なのですが、勝負師としての原さんが陰を潜めてしまったのが残念です。

 土肥選手に関しては、「ついに来るべきときが来た」という感じです。J1に昇格してから8年間東京のゴールを守り、東京をJ1に定着させてくれて感謝しています。

 福西選手。正直判断しづらいです。残って欲しかったですが、残ったところで来期試合にコンスタントに出られるかどうかということを考えると、引き止めるべきではないのかなとも思います。バックアップがまだ確立していない状態でいとも簡単に戦力外にすることに関しては大いに疑問です。せめて明日の五輪予選まで待てなかったものかと思います。

 フロントへの批判を目にしますが、もともとこういう体質のフロントですから、怒るだけ無駄だと思っています。我々が考えていることの常に斜め上を考えていますから、こういうことがあっても不思議ではないと思っています。過去の功績までパーにしてしまうのはいかがな物かとは思いますが。

 折りしも年間チケット更新の案内が届きましたが、当然更新します。自分からあえて「上顧客」から「ただの客」に格下げする必要はないと考えているので。

原監督、土肥選手、福西選手、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

アジアチャンピオン

 浦和レッズの選手、サポーターの皆様、ACL優勝おめでとうございます。

 環境がクラブを育てていくいい例だったと思います。サポーターもフロントも本気になった結果だと思います。これが日本のクラブの実力でしょう。

 ところで、「日本初のアジアチャンピオン」と紹介しているマスコミがありますが、日本初のアジアチャンピオンは磐田ではないかと。第二回のクラブワールドカップに出そこなった磐田の立場はどうなるのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

ソースカツ丼がおいしかったです。【アルビレックス新潟対FC東京@ビッグスワン】

新潟2-1東京

 選手の技術と戦術が合っているのか疑問です。一度殴られたら殴られっぱなしというのは相変わらず。選手たちの「演武会」じゃなくて、「勝負事」を見に行ってるんだけどなぁ・・・・。勝負のためにあらゆる策を尽くして負けたんなんら納得いくけど、あれで「策を尽くした」のなら、選手の力不足か、監督の采配ミスなのかなと。あの内容での拍手は、「あなた達の実力はこの程度です」って言っているようなもんだと思うのですが、違いますかねぇ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »