« FC東京10周年の思い出(2) | トップページ | ダブルヘッダー?【アルビレックス新潟対FC東京@ビッグスワン】 »

2008年3月 9日 (日)

10年目の東京スタート【FC東京対ヴィッセル神戸@味スタ】

東京1-1神戸

 監督も変わり、選手も入れ変わってどうなることかと思いましたが、今後が非常に楽しみな内容となりました。新戦力の動きに注目してみていたのですが、個人的にはカボレと大竹をもっと見たかった。この二人が試合時間を短く感じさせてくれました。長友は、「勢い余ってファンブル」する場面が多かったですが、動き自体は良かったので、今後期待できます。エメルソンも献身的なプレーが多く、途中交代がもったいなかったです。今野も、いいところでゴールを決めてくれました。塩田も、よくピンチを凌ぎました。それだけに、セットプレーの失点が悔やまれます。シュートも枠に行っていたし、あとは「DFの隙を突く」プレーが欲しいところです。今年の開幕戦は、「連ドラをみているような期待感」を感じました。

●開幕ゲスト

 いろいろな意見があるでしょうが、まさに「原点回帰」のゲストだったと思います。ただ、大人数の前で緊張してしまったか、テレビで見るよりも硬かった印象でした。さすがに「軽部アナ」のネタはできなかった様で。個人的にはこちらのネタのほうが好きです。

●ファンブック・マッチデープログラム

 10周年ということで、J参入時からの回顧録が記されていました。クラブの規模も大きくなり、スタジアムに通う人も増えました。味スタ移転から東京を応援している人たちに、「J1昇格の苦労があって今がある」ということを記事を読むことによって頭の隅にでも置いておいてもらいたいです。こういった「過去を知る機会」がもっとあったら、3年前からの「味スタ総ヒステリー現象」は無かったのではないかと思っています。過去をことさら振り返る必要も無いですが、「自分が経験しなかったから」といって全否定するべきものではないと思います。J1昇格の立役者だった岡元、堀池が藤山、浅利の花束贈呈に現れたときは涙が出そうになりました。

 ともあれ、20年、30年と、今後もクラブの進歩に関わっていきたいです。2008030801

|

« FC東京10周年の思い出(2) | トップページ | ダブルヘッダー?【アルビレックス新潟対FC東京@ビッグスワン】 »

FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189525/40443164

この記事へのトラックバック一覧です: 10年目の東京スタート【FC東京対ヴィッセル神戸@味スタ】:

« FC東京10周年の思い出(2) | トップページ | ダブルヘッダー?【アルビレックス新潟対FC東京@ビッグスワン】 »