« こんなものでしょう【ナビスコ杯FC東京対ジュビロ磐田@味スタ】 | トップページ | 粘り勝ち【プリンスリーグ FC東京U-18対ヴェルディユース@深川】 »

2008年4月20日 (日)

今回の多摩川クラシコとかけて、深川めしと解く【FC東京対川崎フロンターレ@味スタ】

東京4-2川崎

 そのこころは、「あさりがいい味を出していました」

 いい試合見させてもらいました。監督の連戦での選手起用の集大成が見事に嵌った試合だったと思います。選手も起用に応えてよく働いてくれました。大竹が入ってからの試合展開もよかったのですが、個人的には浅利を褒めたいと思います。フル出場して縦横無尽に動くわいいパス出すわで、ベテランの味を如何なく発揮していたと思います。4点目の崩しから今野のゴールも、今までに無い得点パターンで「チームが変わった」ことを実感しました。大竹に関しては、もう何も言いません。クラブ創設から毎年栄養費1万円を払った甲斐があったというものです。石川、エメルソン、祐介がいない状態でこの試合ですから、これからの小平はまさに「群雄割拠」状態で、レベルが上がることを期待してしまいます。

・「東京ダービー」と「多摩川クラシコ」

 先週は「東京ダービー」(自分は仕事で見にいけなかったのですが)、今週は「多摩川クラシコ」だったわけですが、自分の中では「東京ダービーは」「物理的なもの」、「多摩川クラシコは「歴史的なもの」と言う意味で、特別な試合だと思っています。「因縁」と言う面から言えば「多摩川クラシコ」のほうが深いわけですが、どうもフロントのプロモーションが下手糞で歴史を知らないサポーターに十分浸透していないような感じが見受けられます。

・先にJリーグに準加盟したのが川崎、J昇格を阻止したのが東京

・JFL最後のシーズンでは最終節の前まで首位だったのが川崎、逆転で優勝したのが東京

・J2に同時に入り、最初のシーズンは川崎が東京を圧倒し、J2優勝を決めたのが川崎、タナボタで昇格したのが東京

・J1に昇格してからは立場が逆転し、中位で終えたのが東京、降格したのが川崎

この当たりの歴史を携わった人々や実際にスタジアムで見ていた人々が伝えてあげないと、「クラシコ」と言われてもピンと来ないのは確かでしょう。歴史はこれから積み重ねていくものですから、これからはこれまでの試合を後世に伝えていくことが大事だと思います。2008041801

|

« こんなものでしょう【ナビスコ杯FC東京対ジュビロ磐田@味スタ】 | トップページ | 粘り勝ち【プリンスリーグ FC東京U-18対ヴェルディユース@深川】 »

FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189525/40936655

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の多摩川クラシコとかけて、深川めしと解く【FC東京対川崎フロンターレ@味スタ】:

« こんなものでしょう【ナビスコ杯FC東京対ジュビロ磐田@味スタ】 | トップページ | 粘り勝ち【プリンスリーグ FC東京U-18対ヴェルディユース@深川】 »