« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月27日 (日)

粘り勝ち【プリンスリーグ FC東京U-18対ヴェルディユース@深川】

東京U-18 2-1 ヴェルディユース

 連敗スタートで迎えたプリンスリーグ、ここで勝たなければ高円宮出場が危ぶまれたのですが、なんとか勝利。前半はヴェルディが押していたものの、ゴールポストポストとバーに救われた場面が多く、何とか東京が無失点で切り抜けることができました。ヴェルディの右サイドが怖かったです。誰かと思ったら「元ホエールズの背番号3番」の息子さん(長男)。さすがU-17の代表というプレーを見せてくれました。後半になってからはヴェルディがバテてきたようで、東京が簡単にボールを奪取することが出来、攻撃のリズムをつくることができました。1点目はいい形で得点できたのですが、2点目のPKはギャラリーが「なんで???」になっていました。ヴェルディは2失点されてから上背のある選手を入れてパワープレー。「元ホエールズの背番号3番」の息子さん(次男)のコーナーキックから失点。それ以降の危ない時間帯を何とか凌ぎました。気になったことは、主審のジャッジの基準が終始ブレていたこと。ハンドを取ったり取らなかったり、PKかと思ったら流して、普通のボディーコンタクトかと思ったらPKだったりと、帳尻あわせをする場面が多かったように思います。東京、ヴェルディともにチャンスを生かしていたら、5-4ぐらいの試合になっていました。これがサッカーなのでしょう。ホームで連敗脱出が出来たのは大きいです。それにしても暑かった、ギャラリーも熱かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

今回の多摩川クラシコとかけて、深川めしと解く【FC東京対川崎フロンターレ@味スタ】

東京4-2川崎

 そのこころは、「あさりがいい味を出していました」

 いい試合見させてもらいました。監督の連戦での選手起用の集大成が見事に嵌った試合だったと思います。選手も起用に応えてよく働いてくれました。大竹が入ってからの試合展開もよかったのですが、個人的には浅利を褒めたいと思います。フル出場して縦横無尽に動くわいいパス出すわで、ベテランの味を如何なく発揮していたと思います。4点目の崩しから今野のゴールも、今までに無い得点パターンで「チームが変わった」ことを実感しました。大竹に関しては、もう何も言いません。クラブ創設から毎年栄養費1万円を払った甲斐があったというものです。石川、エメルソン、祐介がいない状態でこの試合ですから、これからの小平はまさに「群雄割拠」状態で、レベルが上がることを期待してしまいます。

・「東京ダービー」と「多摩川クラシコ」

 先週は「東京ダービー」(自分は仕事で見にいけなかったのですが)、今週は「多摩川クラシコ」だったわけですが、自分の中では「東京ダービーは」「物理的なもの」、「多摩川クラシコは「歴史的なもの」と言う意味で、特別な試合だと思っています。「因縁」と言う面から言えば「多摩川クラシコ」のほうが深いわけですが、どうもフロントのプロモーションが下手糞で歴史を知らないサポーターに十分浸透していないような感じが見受けられます。

・先にJリーグに準加盟したのが川崎、J昇格を阻止したのが東京

・JFL最後のシーズンでは最終節の前まで首位だったのが川崎、逆転で優勝したのが東京

・J2に同時に入り、最初のシーズンは川崎が東京を圧倒し、J2優勝を決めたのが川崎、タナボタで昇格したのが東京

・J1に昇格してからは立場が逆転し、中位で終えたのが東京、降格したのが川崎

この当たりの歴史を携わった人々や実際にスタジアムで見ていた人々が伝えてあげないと、「クラシコ」と言われてもピンと来ないのは確かでしょう。歴史はこれから積み重ねていくものですから、これからはこれまでの試合を後世に伝えていくことが大事だと思います。2008041801

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

こんなものでしょう【ナビスコ杯FC東京対ジュビロ磐田@味スタ】

東京1-1磐田

 8日間で3試合をこなさなければならない状況での選手起用は妥当だったと思いますが、その起用に選手が応えたかというと見ていて物足りない感じがしました。これが、良きにつけ悪きにつけ今季先発できなかった選手達の実力ということでしょう。特に平山に関しては、何がしたいのか見えてきませんでした。また、平山に何をさせたいのかというのも見えてきませんでした。ロスタイムでの失点は痛かったです。4分は確かに長かったですが、こういう場面を乗り越えないとなかなか上にはいけないでしょう。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

FC東京キラー引退

バレー元日本代表の南が引退 - スポーツニュース : nikkansports.com
リンク: バレー元日本代表の南が引退 - スポーツニュース : nikkansports.com.

旭化成、大分三好と、彼のいたチームにことごとく入替戦で敗れました。>FC東京バレーボールチーム
藤沢での入替戦が最後だと分かっていたらもっと労いの拍手を送りたかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

チャンス潰してたんじゃ勝てないよ【スワローズ対カープ1回戦@神宮】

スワローズ0-1カープ

 チャンス潰しすぎ。ノーアウト2.3塁で点が取れないのはヤバイ。この場面は1発狙いじゃないでしょ>青木 1回の福地ももうちょっと慎重に試合に入って欲しかった。7回の真中のライトライナーが抜けていれば・・・・・ 全体的に攻撃が淡白でした。ピッチャーは悪くなかったのに・・・・去年と比べて中継ぎが出てヒヤヒヤされられる思いをしなくなったのが大きな進歩。とにかく悔しい負けでした。

 新しい神宮。フィールドの色が濃くなってボールが見やすくなりました。両翼が広くなって去年だったら2本ホームランだった打球が外野フライで済みました。ゴロのスピードが落ちてます。バウンドもしなくなりました。ラミレスを出して正解。選手全員の打率が表示されなくなったのは残念。スコアボードで映画の上映会ができます。

2008040902 2008040903 2008040904 2008040905

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

判断し難い試合【FC東京対コンサドーレ札幌@味スタ】

東京1-0札幌

 東京が味スタで札幌と試合をするのは初めてだったりします。

 先取点を守ったということでは及第点だったと思います。敗戦から中二日でメンバーを入れ替えて勝ったのは大きいと思います。誰を出しても試合ができる選手層になったのが収穫でしょう。大熊監督や原監督のときも登録メンバー総動員で試合に臨んだということがありましたが、レギュラーと控えとの差は歴然としていました。「選手を回せる目処が立った」のが今後を期待させます。

 試合の感想はというと、カボレと他の選手との距離のとり方を煮詰めたほうがいいかと思いました。カボレが叩いたボールが奪われてピンチを招く場面があったので、修正が必要かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »