« 粘り勝ち【プリンスリーグ FC東京U-18対ヴェルディユース@深川】 | トップページ | 2位 »

2008年5月 1日 (木)

何となく勝った【FC東京対大分トリニータ@味スタ】

東京1-0大分

 大分が何をやりたいのか見えてこなかった試合で、今までの東京はこういう試合にお付き合いしてドローかセットプレー1発にやられて負けるパターンでしたが、赤嶺のゴールを守りきって勝ち。こういう試合をものにできたのは非常に大きいと思います。

 この試合はカボレの功績が大きいと思います。献身的なプレーでファールをもらい、しかしながら感情的になることもなく、大分にしてみれば削ったつもりが逆に削られたような形になり、ゴールはできなかったもののいい働きだったと思います。赤嶺も、「カボレあっての赤嶺」と言う感じで、よく動き回れていたと思います。

 茂庭も先発復帰ということで背水の陣で臨んだと思います。結果完封したということで、今後につなげられればいいと思います。

 リーグ戦第一コーナーに差し掛かったところで4位。主力が怪我で欠けているという状態でしり上がりに調子を上げているのは非常によい傾向だと思います。連戦での監督の選手起用と選手の頑張りを見て、夏から秋にかけての「差しきる力」が付いてきているのを感じます。

|

« 粘り勝ち【プリンスリーグ FC東京U-18対ヴェルディユース@深川】 | トップページ | 2位 »

FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189525/41051216

この記事へのトラックバック一覧です: 何となく勝った【FC東京対大分トリニータ@味スタ】:

« 粘り勝ち【プリンスリーグ FC東京U-18対ヴェルディユース@深川】 | トップページ | 2位 »