« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月24日 (日)

歴史をリスペクトするということ【8/21ライオンズ対ホークス@西武ドーム】

ライオンズ5-9ホークス

 「ライオンズクラシック」最終日ということで、所沢へ行ってきました。オリンピックの女子ソフトと女子サッカーをラジオで聞きながらという状況だったので、試合内容はあまり覚えていません。coldsweats01しかも、5回表からの観戦で試合の大勢が決まっていました。

 「ライオンズクラシック」ということで、西鉄時代の映像を交えながらの演出。ライオンズが福岡から所沢へ移転してから丁度30年。歴史を振り返るいい機会でいい企画だったと思います。2008082104 試合が終わってから「ライオンズクラシックグランドフィナーレ」。西鉄ライオンズが日本一になった昭和33年当時の映像(皇后陛下ご成婚と東京タワー開業)から当時のライオンズの試合の映像がアメージンググレースに乗せてスクリーンに映され、そこから稲尾和久さんの活躍の画像が千の風になってに乗せて映され、当時のオールスターや選手の写真をバックに球団創立から昨年まで在籍した選手、歴代監督、今年在籍している選手、コーチ、監督の名前がスクロールされ、最後に渡辺監督の挨拶文がスクリーンに映されました。これらの映像を西鉄ライオンズOBがマウンド付近で見ていました。その後豊田泰光さんの挨拶がありましたが、強く印象に残りました。

 「西鉄ライオンズは地球上から無くなったと思っていた。西武球団からこのような(ライオンズクラシック)の話を頂いたときは、涙が出るぐらい嬉しかった。ここにいるOBたちも今日が一番嬉しい日だと思う。私は、西鉄ライオンズと西武ライオンズは別物だと思っていた。今までは西武ライオンズは嫌いというわけではなかったが、これからの余生を西武ライオンズの応援に捧げたいと思う」

 自分が育ったところ、愛着があったところに長い間愛情が注げなかったのは辛かったと思います。「長い間居場所を失った思い」だったことが挨拶から伺うことができました。西鉄ライオンズと西武ライオンズがようやく繋がった瞬間だったと思います。稲尾さんや仰木さんが生きていたら今回のイベントについてどのようなコメントを残していたんだろうと思います。

 現役選手と西鉄OBが握手を交わし、両者バックネット裏のビクトリーロードを登って退場。西鉄ライオンズが天に昇っていくような感じでした。2008082105 2008082106 2008082107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台無しですな【FC東京対ヴェルディ@国立】

東京1-2ヴェルディ

 いろんな意味で台無し。監督も選手も視野が狭くなっているのが問題。選手の動きは悪くなかったのに。なんで平山を出さなかったのか。しかも交代枠を余らせてるし。コーチは何をやっているのでしょうか?あと、パスをいとも簡単にカットされるのは、距離感がないからでしょうか、それとも呼吸があっていないからでしょうか?日々の練習では改善できないのでしょうか?負ける要素が多けりゃいい要素があっても帳消しになる典型の試合でした。もったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

何で謝るんだ?

浦和レッズ様からお詫び

http://www.urawa-reds.co.jp/tools/cgi-bin/view_news.cgi?action=view&nid=4195

 味スタでのゲーフラの件らしいのですが、実物のゲーフラ見たらJ2時代自分達含めたJ2クラブのサポーターがよくやってたこと。ウチの観客に堪え性がなくなったのか、洒落が通じない頭の固い連中が増えたのか・・・・時代の流れですかね。

 気にせんといてください>レッズな方々

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

両者早打ち【スワローズ対ジャイアンツ@神宮】

スワローズ0-5ジャイアンツ

 両者早打ち。ヒットか凡打かの違い。ジャイアンツはヒットになってスワローズは凡打。東京音頭が7時50分で8時半に終了。よほどオリンピックが見たかったようで。これだけテンポ良くできるなら普段からやって欲しい。2008082001 それにしても、宮本と青木がいないながらも良くお客さんが入りました。

小笠原に一言

「今すぐ北京に行ってくれ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

選手交代は義務なのか【FC東京対浦和レッズ@味スタ】

東京0-1浦和

 いろんなパターンで浦和には負けてますが、よくまぁ負けパターンが尽きないものだとつくづく思います。「相手の勝ちパターンをどう崩すか」ということまで頭が回っていたのかどうか疑問です。浦和は、抑えピッチャーが充実している野球チームを見ているようでした。「自分達のサッカー」なんてのは勝ちパターンが確立したチームがいう台詞であって、勝てなければただの理想論でしかありません。勝負事に身を置いているわけですから。

 この試合は浅利を代えてしまったことに尽きると思います。浅利を引っ込めてからボールが落ち着かなくなりました。この交代に関しては意味不明です。また、ハイボールをただ上にあげているだけの場面が見られたのが気になりました。ボールを支配しようとする姿勢は浦和のほうが上のように見えました。羽生が、守備から攻撃への切り替えがワンテンポずれてしまっているのも気になりました。慣れの問題だけだといいのですが。

 とにかく、今は耐える時期なのでしょう。けが人の回復待ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »