« サンライズとはやぶさ | トップページ | 更なる一歩【FC東京ブロガーの集い@明大前LIVRE】 »

2009年2月 9日 (月)

緊張感のある試合【マイクロソフトカップ2008-2009決勝 東芝対三洋電機@秩父宮】

東芝17-6三洋電機

 風が強かったので両チームどのような試合運びをするか楽しみでした。お互いに中盤の守備が堅く締まった試合でした。ただ、三洋の攻撃の意図が読めませんでした。何のためのハイパントだったのでしょうか。東芝の1トライ目は三洋ゴール前中央でのハイパント処理のミスからでした。このミスからのトライで試合の流れが決まってしまったような気がします。

 日本選手権ではどうなるか楽しみではありますが、東芝はどうなるのでしょうか。2009020805

|

« サンライズとはやぶさ | トップページ | 更なる一歩【FC東京ブロガーの集い@明大前LIVRE】 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189525/44002998

この記事へのトラックバック一覧です: 緊張感のある試合【マイクロソフトカップ2008-2009決勝 東芝対三洋電機@秩父宮】:

« サンライズとはやぶさ | トップページ | 更なる一歩【FC東京ブロガーの集い@明大前LIVRE】 »