« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

本年もお世話になりました。

 今年を総括します。

【野球】

 あと一歩でクライマックスシリーズを逃しましたが、序盤の躓きがなければと後悔するシーズンでした。来年も小川監督が指揮を執るということで、来年は非常に楽しみなシーズンとなりそうです。神宮には2回しか行かれなかったので、来季はもっと神宮へ行く回数を増やしたいと思います。また、大学の同期である真中二軍監督にも大いに期待します。

【サッカー】

 降格止む無し。もっと「勝ち点」を大切にしてほしかった。降格の理由は「慢心」の一言に尽きるでしょう。城福監督のもと6位、5位と来て、事前準備に甘さが出ていなかったか、フロントも、「お金がなくても工夫次第で何とかなる」とJ1に対してタカをくくっていなかったか。選手にも甘さはなかったのだろうか、シーズン始動までの3週間で整理してもらいたいと思います。新社長の就任会見の言葉にかつての勝負師としての厳しさがみられましたが、これをクラブ経営にどう生かしていくか楽しみです。コメントを見た限りでは「社長」というより「総監督」みたいな感じですが・・・・。

【ツイッター】

 去年からアカウントは取っていたのですが、今年になってから積極的に呟くようになりました。某女性タレントではないですが、「一番うれしかったことは、いろいろな方の意見が聞けるようになったこと、悲しかったことはクラブのサポーターを騙った精神的に幼い人間の発言が多々見られたことです。フットサルの試合運営の立場としてのつぶやきが「東京サポーターや東京の選手のレベルやモラル」に勝手に変換された時は正直あきれました。「人を見て物が言えないのか」と思うのと同時に、スタジアムの中と外の区別ぐらいはつけてくれよと思います。これが非常に残念でした。浦和さんのサポーターが物議を醸してますが、スタジアムの中で煽ってくれる分サポーターとして全然まともです。スタジアムの中では黙っていて試合が終わってネット上で悪態つくなんてのは卑怯以外の何物でもないでしょう。かといってウチの何のひねりもなくなった煽りを正当化するつもりもありませんし正直うんざりしてますが。味スタで試合してからサポーターになった方々には応援をつまらなくした点で反省してもらいたいものです。

 同業者(行政書士)や社会保険労務士、税理士、弁護士さんの方からのフォローもたくさんいただいてます。サッカー、野球ネタも織り込みつつ、もう少し法律関連職(絶対に法律家ではありません)としての自覚を持って今後はつぶやきたいと思います。

 それでは皆様、よいお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【J特】これで優勝やらアジアなんておこがましい【20101228鹿島アントラーズ対FC東京@国立】

鹿島2-1東京

 夢にまで見た国立での天皇杯、ここまでは良かったのですが、「こういう試合運びができるなら最初からやれよ」という思いと、「どこまで精神的に弱いんだよ」という思いで試合後はいっぱいでした。ナビスコ杯の2度の優勝は精神的な強さが感じられました。ところが、この試合は精神的な強さが感じられませんでした。鹿島がはるかに上のレベルで試合をしていました。ファイナリストとJ2降格クラブの差が出たと思います。

 来シーズンは「元J1クラブ」という考えは捨てたほうがいいでしょう。「勝ち点の大切さ」と「試合運び」、からもう一度学びなおし、「90分間走れるだけの基礎体力」を身に着けることから始めたほうがいいでしょう。それらができるまで昇格はしないほうがいいでしょう。昇格したところでまた落ちるだけですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

3週間前の焼き直し【20101225天皇杯準々決勝アビスパ福岡対FC東京@熊谷】

福岡2-3東京

 全然ダメ。3週間前とほとんど同じ。来年に向けてどういう試合をするのか方向性を決めなければならない試合。こんな感じなら来年の昇格は無理でしょう。3週間で劇的に変えろとは言いませんが、まったく進歩がないというのはどういうことか。このまま次の試合もこんな感じで通すつもりでしょうか。よく勝てたと思います。相手が崩れたりミスをしない限り勝ち目がない状況は何とかしないといけないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

水上駅にて2

機関車の切り離しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水上駅にて1

 新潟の帰りに撮影したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

【J特】自惚れが招いた結果【20101204京都サンガ対FC東京@西京極】

京都2-0東京
落ちるべくして落ちたということ。フロント選手ともに慢心があったのでしょう。怒りしか沸いて来ません。力を付けて戻りましょう。一年で戻れとは言いません。これもまた経験です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »