« 2013年11月 | トップページ | 2014年3月 »

2013年12月

2013年12月22日 (日)

ハヤシもおるでよ【20131222 天皇杯準々決勝ベガルタ仙台対FC東京@ユアスタ】

仙台1-2東京
  これぞ天皇杯と言う試合でした。開始3分の失点はいただけませんでしたが、ラストワンプレーでの同点、逆転にはしびれました。内容は仙台が押していました。東京も、悉くチャンスを潰していました。そういう粘りをなぜリーグ戦で見せてくれなかったのかと思います。東京のモタモタした攻撃、仙台のボールへの執着心、正直勝てるとは思えませんでした。石川と平山が入ってから流れが変わりました。2点とも石川がチャンスを作ってからのゴール、とても良かったです。林が出てきた時は「?」と思いましたが、ポポ采配が大当たりでした。ただ、ディフェンス陣がかなり仙台フォワード陣に翻弄されていたので、修正が必要だと思いました。赤嶺怖い。
  ともあれ、次の広島戦も勝ちたい。最後の国立で優勝したい。Nec_1497

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

ノーガードの打ち合いは遠い昔【第68回甲子園ボウル関西学院大対日本大@甲子園球場】

ノーガードの打ち合いは遠い昔【第68回甲子園ボウル関西学院大対日本大@甲子園球場】
関西学院大23-9日本大
長いことアメリカンフットボールを見てきましたが、トライフォアポイントをカットされて強制終了させられたのは初めてです。
日大的に見所は、関学の残り1ヤードの攻撃を0に抑えたところだけでした。これで試合の流れを引き寄せられなかったのが日大の敗因だと思います。試合終了間際に日大の甲子園での23年ぶりのタッチダウンがありましたが、ベンチ的にはどうだったのでしょうか。関東の場合、リーグとポストシーズンの試合のレベルの差に波があるように思います。来期からは、レベルの高い学校同士でのリーグ戦となるので、これがどう出るか楽しみではあります。関東のレベルを上げないと甲子園で関東が勝つのは難しいと思います。一昨年同様、点差以上にレベルの差を見せつけられた試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

ようこそJ1へ徳島ヴォルティス様【20131208J2プレーオフ京都サンガ対徳島ヴォルティス@国立】

 J2プレーオフ決勝を見に行ってきました。サッカーの怖さを見せつけられました。徳島のシュート4本で2点は見事。終始京都が攻めていたにもかかわらずゴールが奪えず、カウンターに沈みました。第三者的には楽しめましたが、当事者にはなりたくない試合でした。京都の立場に立ってみれば、2年連続でリーグ3位でプレーオフで昇格を逃して、たまったものではないと思います。あれだけ攻めたのに徳島DF陣の堅い守りに阻まれた、こういう戦い方を東京が2年前のJ2でやられましたが、J1相手にどれだけできるか、東京も、3年前と違うところを見せて欲しいです。そういえば、3年前のホーム最終戦、山形を率いていたのが小林監督だったっけ・・・・・田代のカウンターにやられて降格の道筋をつけられたんだったか・・・・・小林監督にもリベンジしたい。怖いなぁ。

 徳島には「ようこそJ1へ」と言いたいです。初めて東京の試合を見たのがフランスワールドカップ明けの大塚FC戦@夢の島だったので、2年前にJ2で再会はしたものの、J1でこのカードが見られるのは感慨深いものがあります。企業クラブ以外の旧JFL所属12クラブのうち11のクラブがJ1を経験することになりました。時代の移り変わりにも感慨深いものがあります。

  国立競技場には多くの徳島サポーターがいましたが、J1に上がっても同じぐらい味スタに来てもらいたいです。京都は2年前の天皇杯に比べて少なかった。モチベーションの差が出たと思います。徳島のたぬきさんのバク宙での盛り上がりで、勢いがついたと思います。昇格が決まってお腹出してユニフォームで涙をぬぐうしぐさには笑いました。

 いずれにせよ、来年のFC東京対ヴォルティス徳島戦は楽しみです。今度こそ鳴門に行きたい。
Nec_1458

 Nec_1463


 一方、J2は讃岐がJFLから参戦し、2年前にお・も・て・な・しを受けた鳥取がJ3へ。2年前に対戦したクラブが明暗を分けた12月8日でした。

Nec_0992

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

まだ終わってない【20131207FC東京対ベガルタ仙台@味スタ】

東京2-0仙台

 同じカードの天皇杯準々決勝を2週間後に控えているためか、「手の内見せないよ」感ありありの先発でした。東が先発でなくても何とかなったのは収穫でしたが、ルーカスの代わりはどうするのか、不安の残るリーグ最終戦でした。ここ一番に勝てずに結局8位。勝ち点は過去2番目だったにもかかわらず、「勝ち点を失った試合」があまりにも多すぎました。勝ち点の多さ以上に上積みの無さを感じるリーグ戦でした。監督の契約非継続もやむなしと思いました。とにかく天皇杯が残っているので、元日まで楽しみたい、最後の国立競技場で楽しませて欲しい。またACLを経験したい。Nec_1453

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年3月 »